これだけある!インプラントにすることのメリット

自分の歯のように噛める

インプラントを入れることによって、これまであった自然の歯のように噛むことができるようになります。もし、入れ歯だった場合は、これまでように噛むということは難しくなります。インプラントであれば、固い食べものでもしっかりと噛んで食べることができるので、食事のメニューで困るということはほとんどないということが言えるでしょう。また、インプラントのケアについても、毎日の歯磨きをするだけなので、楽にケアをしていくことができます。

隣の歯への影響が少ない

インプランと同じ失った歯を補う方法としてブリッジという方法がありますが、例えば、一本の歯を補うためにブリッジを入れると隣の歯も抜く可能性が高くなります。しかし、インプラントであれば、失った歯を補うために隣の歯を削るということがないので、隣の歯への負担はかからないということになります。むしろ、残った歯を守る効果もあるとさえ言われているので、失った部分だけではなく、歯全体に良い影響をもたらす可能性があるという言ことが言えるでしょう。

あごの骨が?せないで済む

あごの骨の役割の一つとしては、歯を支えるという重要な役割があります。しかし、歯がなくなってしまえば、それに比例してあごの骨は?せていってしまいます。そこで、インプラントを埋め込むことによって、骨が?せるということを防ぐことができます。あごの骨が?せてしまうと老けた印象を与えてしまうので、インプラントであごの骨が?せることを防ぎ、自然の歯のような歯があれば、老けて見えないだけではなく若く見えるということもあるでしょう。

杉並区で行うインプラントの利点として、治療費用が安いことはもちろんのこと、スムーズに契約を結部ことができる点があります。