20代後半でしわ!?そのしわの正体は、メイクのし過ぎかも

20代後半で小じわ?あれ、やりすぎてませんか?

20代後半でしわが気になる方がいます。ですがそのしわの正体は加齢ではないかもしれません。あることをしすぎると、しわができてしまいます。それは「ファンデーションの厚塗り」。20代後半から気になるシミや紫外線、吹き出物。これらをカバーするためについつい化粧下地とファンデーションを厚塗りしてしまいます。ですがそれがしわを作る原因に。このしわを無くすためにはスキンケアで顔色を改善させるだけで大丈夫です。コンシーラーで隠すような真似をしなくてもいいんです。

スキンケアでしわも30代も耐えられる肌に!

あと数年で30代になるからと加齢が徐々に怖くなってくる年代が20代後半ですよね。20代前半の頃よりも肌のトラブルが長引くし、もう30代向けのスキンケアの方がいいのかしら、なんて思わなくても大丈夫です。自分の肌質にきちんとあったスキンケアをする。それだけのことです。しかし20代前半よりも油分が減るのは事実ですから、乾燥の気になるときは、ナイトクリームを寝る前に塗るようにしましょう。大人の女性の仲間入りです。スキンケアをきちんと行って、これからやってくる30代に突入してもうろたえないお肌の基盤を作りましょう。

厚塗りは絶対やめて。時にはアレで、メイクを手抜き

お化粧は大人の女性のマナーと言われていますが、毎日化粧下地をとファンデーションを付けるのは、お肌が疲れてしまいます。休日などの、人目が気にならない時は、思い切って化粧下地とファンデーションをおやすみしましょう。その代り、化粧下地として日焼け止めを。ファンデーションとして、ベビーパウダーをつけるようにします。これだけでもずいぶんとお肌の負担が減り、お肌が休まります。ベビーパウダーには、ニキビを改善するという効果も報告されています。充分なスキンケアと、たまにお化粧を休むことで、しわがぐんと減ります。

真皮は生まれ変わるまでに4年ほどかかると言われています。つまり、しわは、できたら4年は消えないということなので、作らないように予防することが大切です。